50代リターンライダーの…

50過ぎて大型二輪免許…取ったど〜o(^_-)O

まずは教習所選び!職場近くのM教習所を偵察。

どうも!(^o^)/ はげはなです。

早速定時であがれたので職場に近いM教習所に偵察…というかパンフ?資料ってやつ?をいただきに向かいます。

 

お、職場の近くからも送迎バス🚌あるのね。

乗ってこうかな?でもまだ入学するって決めたわけじゃないし、なんか悪いな…

つーことでテクテク歩いていきます。

 

歩くと仕事場から30分かかるけど、ま、健康には良いかな…

やっぱ疲れる。

 

汗だくでついた時はもう暗くなってました。

 

とりあえず建物入る前にコースを見学。

おーやってるやってる。

 

コース上にはブルーのCB400が2台とシルバーのCB750が1台。CB750が教官ぽい。

 

淡々とやってますね。怒鳴ったりしてない。

 

そりゃそうか。昨今の教習所では教官は怖くないそうですね。

 

私の頃なんて…

 

あれ?どうだったっけ?老化は怖いな〜全然思い出せません。

怖かったイメージあるような無いような…

 

外からコースをぐるっとながめてから、

いざ受付へ突入だ〜

 

建物は…歴史を感じる趣き…昭和の建築だね絶対。

 

玄関通って…中に入り受付へ。

 

ちょっとギャルっぽいお化粧のお姉さんに

「あの〜すみません、資料というかパンフというか、あの〜そういうのあります?」

 

若くて可愛い女子と話すのは緊張のコミュ障ジジイ。良い歳してしどろもどろです。

 

「どちらのコースをご希望ですか?」 

 

あーすみません。大型二輪ですすすみません。」謝り過ぎです。ちょっと噛んでます。

 

「でしたらこちらに」封筒出し〜

「どうぞお持ち下さい。」

 

ははー有り難く頂戴します。

 

「お時間あるようでしたらご説明いたします」

「おおお願いします。」

女子と普通に話せるようになりたい

 

で、お姉さんによると、

正式に申込する日はスニーカーの類の靴で来て欲しいとのこと。

バイク引き起こしをやってもらうんだって!

 

それできなきゃ入学出来んてことかいな??

マズイ!体力がない!

CB750なんて起こせんよ〜

 

でも建物はやや古いが働いてる人の感じはいい。(コレ大事)

 

とりあえずキープという事で。

今度は土日にでもT教習所の方の偵察に行くかな〜